疫病がもたらしたグローバルディスプレイ産業への圧力、固安県が照らす産業の進むべき方向性

2020年初旬、突如到来した新型コロナウイルス関連肺炎の流行は世界を席巻し、国内外の経済情勢は一層不確実な状況に陥り、グローバルディスプレイ産業はこれまでにない影響を受けた。疫病終息後、グローバルディスプレイ産業はいかにしてこの危機を脱するか、具体的には、いかにして様々な不確実性に対処し、時代の発展のチャンスを掴み、新たな産業生態を再建するかが、共に取り組むべき課題となっている。

疫病がもたらしたグローバルディスプレイ産業への圧力、固安県が照らす産業の進むべき方向性

疫病流行がグローバルディスプレイ産業構造の再構築を加速

疫病流行による影響を受け、グローバルディスプレイ企業は非常に大きな経営上の圧力を受けている。各社は疫病によりもたらされた「圧力テスト」に積極的に臨み、自社の強みを発揮して、財源の開拓と支出の節減、構造転換と高度化を進めている。

疫病流行中、韓国のディスプレイパネル企業は、技術転換のスピードを加速させ、従来のTFT-LCD生産設備をAMOLEDまたはQD生産設備に改造し、率先して技術の高度化を進めた。台湾地区のディスプレイパネル企業もまた、Micro LEDディスプレイ技術への投資を拡大し、産業化の加速を図っている。中国大陸のディスプレイパネル企業は引き続きTFT-LCD市場を開拓するとともに、さらにAMOLED市場とその応用を拡大し、Mini/Micro LEDおよび印刷ディスプレイなど様々なディスプレイ技術を展開している。

疫病がもたらしたグローバルディスプレイ産業への圧力、固安県が照らす産業の進むべき方向性

世界の各地域におけるディスプレイパネル技術の調整と再構築に伴い、川上のディスプレイ材料・設備企業もまた、地域展開と技術ルートを調整し始めており、ディスプレイ産業チェーンは地域化とクラスター化が更に進んでいる。疫病終息後、中国大陸地区は豊富な資金力と市場の奥行きによって、ますます多くのグローバルディスプレイ企業の投資を絶えず引き付け、ディスプレイ産業の力強い発展のために新たなチャンスをもたらすだろう。

世界の同業者が産業発展のために苦楽を共にし、一堂に会して意見交換を実施

現在、中国国内の疫病流行はすでに落ち着きを見せつつあるが、海外の疫病流行は依然深刻化しており、グローバル消費電子市場は大幅に下降し、パネル価格も下落し始めている。低迷期を経験したばかりのディスプレイ産業は新たな下り坂を迎えなければならないようだ。これに続く課題として、疫病流行下でグローバルディスプレイ産業はいかにして発展していくか?グローバルディスプレイ産業勝ち抜き戦のピストル音はすでに鳴ったが、購入ブームはいつやってくるのか?グローバルディスプレイパネル企業はいかにして心理上の困難を突破するか?

疫病がもたらしたグローバルディスプレイ産業への圧力、固安県が照らす産業の進むべき方向性

これらすべての疑問は、「2020年グローバルディスプレイ産業春季業界動向発表会」でそれぞれ解答が得られることだろう。同業界動向発表会は、廊坊市人民政府、中国光学光電子行業協会液晶分会(CODA)が主催し、固安県人民政府、CFLD(華夏幸福基業股份有限公司)、Visionox(維信諾科技股份有限公司)が運営し、河北省固安県で開催される予定だ。これは、疫病流行後のディスプレイ業界で初となる世界的な会議であり、必ずや疫病流行下におけるグローバルディスプレイ産業発展のための道標を確立するだろう。新しい「オンライン会議」モデルによって、より多くの専門家が共に業界セミナーに参加する機会も提供している。

疫病がもたらしたグローバルディスプレイ産業への圧力、固安県が照らす産業の進むべき方向性

河北省固安県は、中国国内でBOE(京東方科技集団股份有限公司)、Visionoxという業界大手基幹企業二社を同時に擁する唯一の県級都市であり、革新活力を最も有する新型ディスプレイ産業拠点の一つでもある。同業界動向発表会の際は、中国電子視像行業協会、中国電子材料行業協会、中国OLED産業連盟、国際半導体産業協会(SEMI)、韓国ディスプレイ産業協会(KDIA)、日本半導体製造装置協会(SEAJ)など国内外の著名なディスプレイ半導体行業協会の代表、BOE、Visionoxなどのディスプレイ産業企業の代表がいずれも固安県に集まり、オンラインライブ配信によってグローバルディスプレイ産業の2020年および将来の発展動向を共有し、世界の疫病の蔓延が新型ディスプレイ産業に与える深刻な影響を分析し、新型ディスプレイ産業の発展動向を検討・評価して、更なる政策措置の提言を提出する予定だ。必ずや新型ディスプレイ産業のグローバルな協力と疫病の流行に打ち勝つ自信を固め、グローバル新型ディスプレイ産業の持続的かつ健全な発展の推進を助け、グローバルディスプレイ産業の発展のために進むべき方向を指し示すだろう。

2020年グローバルディスプレイ産業春季業界動向発表会は、2020年5月18日13:00~16:25にオンラインライブ配信(全プログラムで中、英、日、韓同時通訳を実施)で開催される予定だ。

参加される場合は以下にお問い合わせください

クラウド会議・商用ライブ配信

傑科姆国際会展(北京)有限公司内

担当者:趙月喬

Eメール:ddr@jcom.jtb.cn

電話:010-5676-2068

携帯電話:18518556628

関連記事