日本パビリオンがDIC2021国際ディスプレイ技術・応用イノベーション展にお目見え

6月30日、中国光学光電子業界協会液晶分会(CODA)主催のDIC2021中国(上海)国際ディスプレイ技術・応用イノベーション展(略称「DIC EXPO 2021」が上海浦東新国際博覧センターにて開幕しました。今回は京東方、TCL華星、天馬、Visionox、HKC、MANTIX、IVOそしてEDOなど中国国内主要パネルディスプレイメーカーが参加した他、材料設備メーカーなどの参加も目を引きました。また今年、日本企業は「日本パビリオン」として展示を行いました。

日本の材料・設備大手企業が華々しくデビュー

カネカは総合化学メーカーで、市場に革新的な製品と技術を提供することに注力しています。その製品は高品質で高い競争力を持ち、また日々進歩しています。ディスプレイ業界の発展動向に合わせ、国内外のディスプレイ企業にポリイミドやアクリルなどの主要素材を提供しています。

JNCは、主要パネル材料のメーカーとして、高度な技術と製品の開発に注力しており、材料開発と技術設計に加えて、LCD製造プロセスと評価技術の研究にも取り組んでおり、顧客のニーズを満たすために、継続的に製品の性能を向上させています。またこれを理念とし、高品質のディスプレイ素材を開発することで、中国国内産業の発展に貢献しています。
同社の主な製品はディスプレイ材料です。液晶は液体の流動性と結晶性の両方を兼ね備えており、スイッチのように光の量をコントロールすることができます。液晶ディスプレイには白色光源またはRGBカラーフィルターと液晶を組み合わせたものを使用することにより、カラフルな画像を実現しています。

カンケンテクノは「開発・設計・製造・保守」をコンセプトに、省エネ・低炭素・環境に配慮した「大気環境保全装置」の製造を専門としています。屋内VOC処理装置は、生産ニーズに応じてエネルギー放出を調整できる独自の省エネ設計を採用しています。プラズマ式除害装置は、製造工程で発生する排ガスを適切に処理し、省エネや環境保護の目的を達成することが可能です。

屋内VOC処理装置はLCDや半導体などの電子工業の製造工程において、濃度や排気量の違いに応じて処理する燃料のランニングコストが不要なプラズマ式(Kanken Plasma式)の除害装置です。

東レエンジニアリングは、主に化学工業、化学繊維、生物医学などの様々な工場へ設計・調達・施工等およびその他の関連サポートサービスを提供し、半導体、フラットパネルディスプレイ、マイクロLEDおよびリチウム電池などの自動製造装置の研究開発、製造、販売を行っています。また東レエンジニアリング(上海華麗)は、中国の顧客に幅広いサービスを提供することに重点を置いています。今回は、製造企業で使用するための製造・試験用の関連機器を出展しました。

主な製品:
1.フレップチップボンダー設備
2.マイクロLEDディスプレイ量産にかかるソリューション
3. AOI・PL検査装置。GaNとSiC特有の結晶欠陥を迅速かつ高感度で検出可能。

長瀬中国は10社以上のメーカーと提携し、「AR / VR」「ディスプレイ素材」「特殊技能素材」の3つのテーマに、素材から実用化まで多面的に最新技術と製品開発を紹介しています。製品小売、国際貿易および貿易コンサルティング、エリア内企業間の貿易および代理店、商業用簡易加工事業を行っています。

恵和は、1948年の設立以来、現状に甘んずる事を危機ととらえ、常に先手を打って行動してきました。早いスピードで変化する顧客の要望に対し的確に、あるいは先取りして対応すべく、マーケティングを、技術を、システムを積極的に革新させ、そしてそのような行動を「ダイナミックドメイン」と呼び、経営指針しています。光学領域のニーズに対し、イノベイティブなソリューションである拡散フィルム「オパルス」を発明し、ニッチなこのセグメントで随一の実績を保有しています。近年では顧客志向のマーケティングに始まり、中核技術であるSheeting(製膜)・Laminating(積層)・Coating(塗布) を更に磨き上げると共に、そこへUltra Precision(高精度)を付加し、先端機能フィルムとソリューションのメーカーを目指しています。ハイエンドディスプレイ分野では、HDR応用に対応したミニLEDディスプレイバックライトの新製品「オパスキ」が量産をリードし、業界の注目を集めています。

日立造船株式会社は、技術と誠意で社会に役立つ価値を創造し、豊かな未来に貢献することを企業理念とし1881年に設立されました。精密機械、半導体、FPDの分野では、「真空蒸着装置」、「真空バルブ」、「研磨装置」、「半導体・液晶関連鋳物製品」が好評を博しています。今回は特別に同社が開発した「反射防止膜/防汚膜」装置を紹介しています。この製品は既に携帯電話、タブレット、車載ディスプレイのパネル製造分野で広く使用されています。
蒸着装置およびスパッタリング装置
コニカミノルタは、ディスプレイ業界の新たな需要に応えるため、一連の光電子製品測定ソリューションを開発し発売しました。その範囲は車載ディスプレイ・LCD ・ OLED ・ミニLED(マイクロLEDを含む)ディスプレイパネル等に及び、顧客の製造工程と開発サイクルの短縮に役立っています。。
ディスプレイカラーアナライザー CA-310を更に進化させたCA-410は高速で,解像度が高くHDR、広色域やOLED等の新型ディスプレイ測定をサポートする次世代カラーアナライザーです。

ProMetric®はイメージング色彩輝度計で、高速測定と高解像度を特長とし、フラットパネルディスプレイ(FPD)、バックライト付キーボード インストルメントパネルの内部輝度差、大型LED陳列用照明や現場使用のLED証明の輝度、色度評価等、各種高精度な測定が可能であり、小型画面に適しています。

電計貿易(上海)有限公司の主力製品:IEC 61000-4-2 ・ ISO10605規格に適合するハイエンドのスマート静電放電シミュレータESS-S3011A / GT-30RA。
PSWシリーズは、最大底角電力内で広範囲の電圧出力・電流出力が可能なスイッチング方式の直流安定化電源です。出力容量は、360W/720W/1080Wの3タイプ、最大電圧は30V/80V/160V/250V/800Vの5タイプ、全15モデルを揃え幅広い用途に対応しています。

ダイセルグループは、独自の相分離などのコーティング技術を駆使して、様々光学フィルムを提供しています。例えば「ギラツキ」を発生しにくくするAGフィルム(防眩性フィルム)、静電容量式タッチパネルの背面に使用した際に、ウォーターマークが発生しにくい飛散防止フィルム、紙に鉛筆で書いたときの触感を再現するフィルム、さらさら触感フィルムそして傷から守る耐擦傷性ハードコート等です。今回出展されたのは実際に量産されたAGARフィルム、更にさらさらになった触感フィルムそして低反射フィルム等です。

AGメンブレンのキーエンスはセンサー、測定システム、レーザーマーカー、顕微鏡システム、スタンドアロンイメージングシステムのサプライヤーとして世界的に有名であり、工場自動化の革新と開発を推進し続けています。同社は、様々な製造業の顧客ニーズを満たすために、革新的で信頼性の高い製品の開発に取り組んでいます。キーエンスは、技術とサポートを組み合わせ、付加価値を提供することに重点を置いています。

株式会社トプコン(TOPCON CORPORATION)は1932年に設立された世界的に有名な総合精密光学機器メーカーです。工場との良好な業務提携を通じて、10年以上の市場開発と開拓の後に、幅広いユーザーリソースと応用ソリューションを蓄積してきました。今後においても更に多くの応用市場を開拓し、より良いサービスでサポートを提供し、顧客に素晴らしい製品を提供し続けていくでしょう。

DIC EXPOは一貫して中国ディスプレイに関わる全ての産業チェーンのために、国際展覧会や展示会を主催し、交渉と交流が行えるプラットフォームを構築し、パネルメーカーやコア機器・材料メーカーおよび下流のエンドユーザーに効率的かつ的確なビジネスチャンスを提供することに取り組んできました。日本のディスプレイメーカーとの交流と提携を通じて日中両国の足並みを揃えることは、世界のディスプレイ産業の発展促進に対し大きな役割を果たすものとなるでしょう。

DIC EXPO商务合作咨询:
邮箱:zhengmin@verydigi.com
微信:zhengmin421

関連記事